09/10/13 『風の中のマリア』読了。

ヒロにニンニク臭いと怒られる。
最近は夕食のガーリック含有率が高い。
昨日は玉造『しゃんらん』で空心菜のにんにく炒めを食べた。
7日は『丹平』で牛ハラミと野菜炒め、にんにくが多量に入っていた。
週に2回か3回ペースでガーリンク料理。
嫌いではないが好んで食べるほどのガーリック好きではない。
あらぬ疑いをかけられているような気分。
ヒロに内緒で美味しいモノを食べている、ということは明白な事実だけど。


ジョギング5日連続。
Podcastで町山氏の映画案内を聞く。
『ジ・インヴェンション・オブ・ライイング(嘘の発明)』というコメディ映画。
パラレルワールドもの。
そこは嘘というものが存在しなかった。
誰もが本当のこと、本音しか言わない。
人が話すことは全ての人が真実だと信じていた。
ところが…そんな世界に一人の超能力者ならぬ「嘘使い」が現れたら…?
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20091009
聞けば聞くほど実に深いのです。
日本公開予定無し。


朝のテレビはMLB地区シリーズ。
デンバーのスタンドは本当に寒そうだ。
観客の服装を見れば一目瞭然。
試合はホットでフィリーズロッキーズを大逆転で葬り次に進出。


…ニュースデスク3連投の2日目。
明日のオリックス岡田監督就任の取材確認、NTVよりバレーの取材依頼が入る。
本日のニュースはクルム伊達のシングルス敗退のみ。


天満にて独酌。
立ち飲み『大安』にて「鶏の芋煮」なるものを食べる。
一見、煮こんだ鶏肉のみ、芋は入っていない。
煮こんだダシ汁に(おそらく)里芋が溶け込んでいるのだ。
でも、いい味出てる。
もちろんサッポロラガーの瓶。
今週は赤星率が高い。


百田尚樹『風の中のマリア』読了。
いやあ、むちゃくちゃ面白かった。
主人公はオオスズメバチのワーカー、疾風のマリア。
昆虫に人格をもたせてどうなんだ? と思ったが実に読み応えのある小説だった。
感想を書きたいが…書けるかな?


     


…帰宅後、yahooのヘッドラインにあったニュースに目がとまる。
慶大生が全裸で集団疾走=駅ホームなどで9人、撮影も−書類送検・神奈川県警
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/sex_offense/?1255436636


女子がデジカムで一部始終を撮影していたという。
基本的に今の民放ゴールデンのテレビでやっていることはこれと同じような気がするのだが。
『風の中のマリア』である女王バチの帝国の終焉が描かれる。
テレビ黄金世代を60年代から80年代とするなら明らかに帝国の末期。
僕ら50代(40代含む)は黄金期を知る最後の世代かもしれない。