2012/11/19 ルックチョコを囓る

ミッションコンプリート、ではまったくないけれど大きな峠を越えた。
気を抜くと痛い目に遭うことは承知の上で少しだけ仕事に追われる生活を立て直したい。
2012年も11月後半、1ダースあったルックチョコが残り3つ?
そう、多忙だった10月から食べないでとっておいたようなイメージ。
今日はニュースデスクと大阪マラソンの制作打合せ。
夜は招待券でヒロとクラシックのコンサートへ行くつもり。
シベリウスドボルザークだったかな。


昨日の阪神巨人OB戦、関西のスポーツ各紙がWEBに写真をアップしている。
不肖ぷよねこ、アニキの背後、写真のセンターに見切れてました。
他にもマウンドに詰め寄る番長の背後で何やら不審な中腰。
ベンチを飛び出す巨人ナインを撮れ、とカメラマンに指示を出してるとこ。
ま、傍目にはちょっと悪目立ちする阪神園芸のおじさんに見えますよね。
申し訳ありませんでした。
 



読響 大阪定期演奏会ザ・シンフォニーホール
関係者からいただいた招待券で行く。
デスクだったので前半のシベリウスは聴けなかった。
こっちの方が楽しみだったのに…。
後半のドボルザークのシンフォニー第8番、もちろん初めて聴いた。
ドボルザークの主旋律は「新世界」の “遠き山に日は落ちて” 同様、どこか日本人受けするところがある。
第3楽章の冒頭なんてそのまま歌謡曲のイントロになりそう。
アンコールは「それではおなじみのロンドンデリーを」と指揮の円光寺氏。
あのダニーボーイの旋律が分厚いフルオーケストラで奏でられる。
あとで知ったのだがアンコールのダニーボーイは読響の定番であるらしい。
ヒロがシベリウスは良かったよ、と言う。
悔しい。


 


ヒロとスカイビル下のドイツフェアの会場を歩く。
街はすっかりクリスマス、もう年末だ。
 




あと、呆れ果てる選挙がらみのこと、急逝した牧野エミさんのこと、爆笑した武井壮のことなどを書き足したい。