2014/12/31 大晦日通信

大晦日通信 その壱 「ジョギング」
朝7時過ぎに起床、今日は寝坊せず。
昨日と同じ海沿いのコースを7キロ走る。
風もなく、比較的あたたかい。

  


今日もセイコーのスーパーランナーズを実際に距離表示のあるところで試走する。
100m走って歩数を測ると85歩くらい、一歩が117センチくらいになる。
それでセットして1キロ走る。
実際の1キロより手前でスーパーランナーズは1キロを示す。
100センチで設定する。
ちょうど1キロになる。
でも、走行中のペース表示がゆっくり走ってるのに5分半くらいで速すぎる。
試行錯誤で歩幅は95センチとする。

  


大晦日通信 その弐 「おみぬぐい」
ヒロは家中の大掃除、自分は自分の部屋をプチ大掃除する。
僕の仕事はいつも癒してくれる小さな仲間たちのホコリをとる “おみぬぐい” です。
  


去年は4匹の仲間が増えたけど今年は現状維持のままでした。
これ以上、増えたら困る。
  


大晦日通信 その参 「年越し蕎麦」
気持ちよく新年が迎えられる程度でプチ大掃除を終える。
11月に奥伊吹で買ってきた薬草パック入りの風呂に入り一年の汗を流した。(つもり)


年越し蕎麦は去年と同じく、鴨とせりのあったかい蕎麦。
コープで買った更科系の白くて細い蕎麦が熱いかけそばによく合って美味なり。

  


この蕎麦(乾麺)です。
[rakuten:at-home:11158252:detail]


大晦日に食べた献立


サッポロクラシック缶と奥播磨活性にごり
・骨付きフランクソーセージ
・蓮根入りハンバーグ
・小魚のカレー味素揚げ
・同じく小魚のアーモンド入り田作り
・蒲鉾

  



大晦日通信 その四 「グダグダと2014年を締める」


自分は成功者か? と問われたら……うーん10秒考えてNO
しあわせですか? と問われたら…5秒でYES
概ね、自分は幸運だと思えたら一年は気持ちよく過ごせる。


体調面では一年を通してまずまずだった。
五十代も後半になると現状維持なら良しとせねば。
フルマラソンをなんとか走れて、少しずつでも毎日飲んでも、朝気持ちよく起きることが出来るなら御の字。
去年の暮れから今年の始めに首から両手にかけてシビレがあった。
整形外科で診てもらい電気治療したけどなかなか治らないで心配した。
それも春になるといつのまにか消えてしまった。
夏の終わりくらいから左脚に力が入らない感覚になる。
走るのに困らないが階段の上り下りで痛む。
関節や腱ではなく筋肉が弱くなったとわかり筋トレで回復する。
年齢を重ねれば避けられない。
現状には大いに満足している。


財政的には苦しい年だった。
来年は好転するという材料は乏しい。
攻めるか守るか、いずれにしても引き締めは不可欠。
判断を中途半端にせずに明解に答えを出したい。


仕事は低調だったと言わざるを得ない。
24時間テレビのしごとにまで手を出すようになった。(?)
夏は大いにストレスフルな生活となる。
自分の置かれた立場を知り、懸命な決断をして、この3年を乗り切ろう。
マドリングスルーの3年。
そう、この3年をどう過ごすか、だ。


紅白見てると、それは録画してるから見んといて、と怒られた。
大晦日だから見てるのに…。
正月に見たくない…。
うじうじしてる大晦日です。


   考えたとおりに生きなさい。
   そうしないと いずれは、生きたとおりに考え始めてしまうから    

              
                          ポール・ブールジェ


さよなら2014年、みなさん良いお年を。