2011/2/9 自分の感受性くらい

雨は上がったけど憂鬱な冬空。
自転車を駅に置いたままなので阪神香櫨園まで歩く。
夙川沿いの梅が咲き始めていた。
今年はジョギングをサボっているので気がつくのが遅い。
ああ、走らなくちゃ。


…人生において感受性は大切な能力だと思う。
自分本位に言えば命より大事かもしれない。
感受性、というかものごとに感応する能力。
何かを見たり聞いたり体験したりして、それを言葉にしたり文章にしたりすること。
経験上、こうした能力(感受性)は年齢とともに磨かれ、そして衰え消えていく。
茨木のり子は、“自分の感受性くらい自分で守れ、ばかものよ”と詩に綴った。
山田太一はドラマ「早春スケッチブック」で山崎努扮する沢田竜彦に言わせた。
(ちなみに竜彦のモデルは寺山修司


  “生きるってことは、自分の中の、死んで行くものをくいとめるってこったよ。
  気を許しゃぁ、すぐ魂も死んでいく。なにかを感じる能力もおとろえちまう。
  それを、あの手この手をつかってくいとめることよ。それが生きるってことよ”


自分の中の、死んでいくものをくいとめること。
20代の頃、この台詞を聞いて知ったようなことを言ってたのは全部ニセ物だ。
壊れていくことの恐怖なんて知るよしもなかった。
いま、ひしひしその実感をともなって生きている。


  “なにかを好きになり、夢中になるというところまで行けるのは、素晴しい能力なんだ。
  物や人を深く愛せるというのは誰もが持てるというものじゃない、大切な能力なんだ。
  努力しなければ持つことの出来ない能力なんだ”


日々の日記を続けるのもそれなりに大事な作業だと思う。


…今日はナレーション録りの立ち合いのみ。
スタジオのある福島から梅田まで歩く。
究極のせんべろ酒場『上田商店』で立ち飲み。
缶ビールと秋田の純米酒、コロッケとミンチカツとシーチキンと卵焼き。
二人で1990円、計算せずしてせんべろニアピン達成!


…気持ち悪いけど笑ってしまう動画。
Twitter佐々木俊尚さんが紹介してくれた。
佐那様こと貫地谷しほりのファンの人はワンカップ大関を飲む姿に必萌。
見る前に警告しておきます。
かなり気持ち悪いです。
でも、僕は爆笑しました。

この動画を作った人は山岡さんという人に何か恨みがあるに違いない。


これはどうだろう?
安藤さんの動画ですが…。


「山岡先生」と同じシリーズ。
タイトルは『言わなきゃよかった』
こっちは怖くて馬鹿馬鹿しくて、やっぱり笑ってしまいました。
http://www.youtube.com/watch?v=2LWg00D5WWQ


こういうのも感受性が衰えたら笑えなくなるのだろうか。