2013/9/17 8 Bridges Climb

朝から快晴、山へ行こう! 
もともとはこの期間に山登りプランもあったのだが準備不足。
行くなら3000mクラスへ、なんて贅沢言ってたらハードルが高くなって足が止まる。


秋晴れがもったいないとせめてロードバイクで走ろう。
空気が澄んでるから遠景も美しかろう、と以前からやってみたかった10 Bridges というルートを選択。
湾岸の埋め立て地(アイランド)を結ぶ5つの橋をつなぐ。
すべて行って来い(往復)すれば10の橋を渡ることになる。
ヒルクライムで少しは脚が鍛えられるだろう。
登りはこんな感じです。

  


ヒルクライムとは言え高度差 50〜80mくらいの上り下りに過ぎない。
トレーニングというより景色を楽しむことが目的です。
ただ下りはスピードが出過ぎるので要注意。
このトシになると恐怖心が先に立つ。


あまりに景色がきれいなので写真を撮りながら時間を使ってしまう。
途中、眼鏡堂氏よりカーリングの試合が凄いことになっているとメールが入る。
下図の9と10 をカットして自宅へ戻る。
  


先ずは1の西宮大橋から西側を見た風景。
湾岸のジョギングコースです。
海と山と街がパッケージされた風景。
手前はウエイクボードの練習場です。
  


3+4の鳴尾浜へ渡る一番長い橋の上から北を望む。
台風で掻き回されて海の色がバスクリンのよう。
鳴尾川の河口、甲子園浜です。
  


7+8の南芦屋浜から深江浜(神戸市東灘区)へ渡る橋からの芦屋川河口を見る。
一番高さのある橋で、登りごたえがあります。(日記の最初に載っている橋)
  


上と同じ橋から見た風景。
ジブリアニメの背景のようです。
  


同じく7+8から芦屋浜の陽光緑地を流れる運河を望む。
  




夕方からは大阪マラソンの市民ランナーの撮影の下見をかねて西淀川区へ行く。
阪神電車西大阪線(今はなんば線という)の福という駅で下車、ブロンプトンで淀川の河口まで走る。


愛犬のプードルと毎朝走っているというランナーの撮影。
淀川の堤防から梅田の高層ビル群が望める。
グランフロントや梅田スカイビルを背負って走る画を狙おう。
  


西淀川区の先端まで行くと矢倉緑地公園がある。
阪神高速湾岸線のおそらく中島川大橋というアーチ橋。
ここもランナーのシルエットが映える撮影ポイントになる。
  


美しい夕景に満足して駅まで戻る途中、自分がデイパックを背負ってないことに気づく。
置き忘れた?
どこに?
もう暗い。
自転車のライトはデイパックの中だ。
とりあえず戻ろう。
急ごう。


果たして………あった。
上の写真を撮った場所にちょこんと置き忘れていた。
こんなポカしたことを嫁に言ったら施設に入れられる。
だまっとこ。


夜はホットプレートでお好み焼。
プールで30分ほど歩く。
オンデマンドで『半沢直樹』の第9話を見る。
松嶋屋、破れたり!
次は本丸、いや敵は役員室にあり。
おもだかやぁ! だ。
  
  


次は最終回、あと一話だと思うと淋しい。
でも、これくらいがいいのかな。
これ以上長くなると飽きるし。



カーリング女子日本代表は北海道銀行が4勝し世界最終予選の出場権を得た。
ここ数年、ソチ五輪に照準を合わせ、女子カーリングをひっぱってきた中部電力は悔し涙。
でも、まだ彼女らは若いから、と眼鏡堂氏に言うと、いやいや、お母さんたち、これからのさばるよ、とのこと。
そうかもしれない。